前へ
次へ

野菜の切り方で見た目や食感が変わる

色々な料理にいろいろな野菜が使われます。
もしすべての料理において同じ切り方をしたらどうなるかです。
人参といえばカレーなどの煮物、焼きそばなどの炒め物、雑煮やサラダであれば生で食べることもあります。
全てをカレーを作るときのように角切りや乱切りにしたらせっかくの料理が台無しになりそうです。
角切りや乱切りやカレーやシチューなどじっくり煮る料理の時に使います。
ニンジンやジャガイモなどを長く煮ると荷崩れするので、それなりの大きさに切っておく必要があります。
薄切りや千切りだと煮ていくうちに溶けてしまうでしょう。
一方焼そばは薄い短冊切りがいいでしょう。
軽く火を通して食感が少し残るくらいが良さそうです。
人参においては半月切りがあり、雑煮などを作るときに用いる切り方です。
短冊切りでもいいのでしょうが、半月切りは見た目を重視した切り方かもしれません。
サラダなどで食べるなら千切りにするかスティック状にするかがあります。
乱切りなどだと食べにくくなってしまいます。

Page Top